美しいパリの老舗鞄屋さんのfacebookページから学ぶ「いいね!」の増やし方

facebookページによっては、話題が多くなることと新規の「いいね!」が増えることとは必ずしも連動していません。この場合には、話題になりながら新規の方を引き寄せてくるコンテンツが必要になってきます。

 

top

 

1.facebookページの概要

1)Morabito(モラビト)」は、1905年に創業し、ヨーロッパの社交界で愛されているパリの最高級メゾンです

いいね! 982人 · 話題にしている人14人 : 話題にしている人が、ファンの1.4%と、かなり少なっています。ファンは、東京主体で35~44歳が中心。

2)インフルエンサー

どこのfacebookページにも、強力に口コミをするインフルエンサーがいますが、このfacebookページにもいます。

この人がコメントするといいね多くなるこの人がコメントするといいね多くなる2

 

以前、パリに住んでいた方みたいで、写真の風景を懐かしがっています。この方が、いいねをしていると、いいねがグッと増えています。
このような方が、いいな~と思う商品の写真が出せれば、効果が期待できます。

 

 

2.コンテンツ

1)2種類×2種類

掲載記事は、「ひとの紹介」と「商品の紹介」の2種類があります。
また、写真の大きさも、大きいものとブログからシェアした小さいものの2種類があります。

旧ひと商品番外記事いいね少ない

 

 

2)投稿記事へのいいねの数は、投稿の仕方によっています

写真が小さいものは、いいねが1~2個、写真が大きいものはいいね5~10個ついており、写真の大きさで5倍の開きが出ています。

前の状態

商品写真大いいね多い

 

3)ひと紹介の写真では

若いきれいな女性の写真には、いいねが多くつきます。7~20個
わかくないと、、、2個程度です。

若い娘だといいね多い

若くないといいね少ない

 

4)商品は写真がきれいだと安定していいねが多くなっています

522いいね多い商品

517いいね多い商品

 

 

3.インサイトのグラフとの比較すると

グラフ拡大

1)5月27日まえは、話題は多くなっています。
原因は、17日,22日の商品のいいねが多くなっているためと考えられます。この時、新規のいいねはほとんどありませんでした。

2)その後、新規のいいねが少し増えてきています。
これは、若い女性が紹介されているためと考えられます。しかし、話題は減ったままです。

3)さらに、6月20日ごろより話題がぐっと増えていますが、逆に新規のいいねは減っています。
この原因は、6月20日の写真にいいねが多くついているためです。原因としては、美人の紹介ではないからでしょう、、、。

4)結果
話題が増えることと、新規のいいねが増えることとは関連していません。
その原因として、
コンテンツが美人の写真だと新規の男性がいいねをしており、商品だと既存のファンである女性がいいねをしている
と考えられます。

 

 

4.問題点と解決策

・パリの美人さん紹介で、女性のあこがれのひと紹介になる予定が見ているのは男性ばかりで、男性の新規のいいねファンばかり集めてしまっている。
・商品が出ると女性がいいねしており、話題がぐっと盛り上がるが、新規のファンを増やすことにはつながっていない。

解決策として、「きれいな女性が商品の鞄を持っている写真を掲載すればいい」と考えられます。

620話題にはなったが新規のいいねは減った

この写真には、19個の多くのいいねがついています。また、いいねをしているのは男性ではなく女性です。鞄を持っている姿に、ターゲットのおしゃれな女性が最も興味を引かれるようです。

 

同じ「いいね!」と言っても、いいねをしている人が違う場合が多くみられます。

ターゲットが「いいね!」をしたりシェアしているコンテンツを探し出すことが、ファンを増やす基本です。


工藤 英一

About 工藤 英一

Qualia-Partnersの代表の工藤です。ゼネコンの研究員から会社経営を経てコンサルタントになりました。自身の経験から、リピーターとの関係を深めお得意様を増やしていくことを強く勧めています。
This entry was posted in SNS. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>