お得意様を増やし続けているお店がやっている”40”の行動!



何点になりましたか?

お得意様を集めるのに成功しているお店のやっていることをまとめると
①売れた商品を深堀(仕入れる、作る)し、買ってくれる人がより買いたくなるように改善していく
②お客様を構えさせずに意見を集め、それをもとに改善していく
③お客様と直接会って会話する機会と量を多くする
④面倒を見たり教えてあげることでお客様から頼られ尊敬される存在になる
⑤売り込みをすることは避け、お客様に多くの情報を提供する
⑥信頼感を向上させたうえ、基本的なことを行い全体的に底上げする
⑦商品やサービスをお客様一人一人に合わせて作りこんでいく
⑧得意な商品やサービスの質をできるだけ上げる
⑨品揃えを強くする(同類、異類、広く深く)
⑩お得意様にはあらゆる面で高いサービスを提供していく
⑪非日常的な内外装でお客様を感動させる
の11になります。

・お得意様を増やし続けてこれているお店は、どんなことをしてきているのか?
・自分の店は、これからどのような取り組みをしていけばいいのか?
について悩んでいるのであれば、こちらに事例集データベースを使ってみてください。

ビジネスの進化のパターンから御社がどのようなことに取り組んでいけばいいのか、ヒントが得られるようになっています。
※ビジネスの進化のパターンはTRIZの技術の進化のパターンを応用しています。

利用料
・月額3000円
・メールによる相談が月に3回できます。

こちらから申し込み、下記のデータベース利用登録ページから利用承認を得てください。

※下記のリンクからデータベースの事例集の見出しが見れます。

 

データベースはこちら


■繁盛店がしていることがあるように、人生においても45の教えがあるそうです。

アメリカ・オハイオ州に住む、齢90歳になるリジャイナ・ブレットさんが「人生が自分に教えた45のアドバイス」を書かいています。( http://labaq.com/archives/51212781.htmlより引用)

1. 人生は公平では無いけれど、それでもいいものだ。
2. 疑わしいときは、次の一歩は小さく歩もう。
3. 誰かを嫌うには人生は短すぎる。
4. 病気になると仕事は自分の面倒をみてくれない。友人や家族がしてくれるのだから連絡を取っておこう。
5. クレジットカードの支払いは毎月全額支払っておくのだ。
6. すべての口論に勝たなくていい。反論にも賛成してみよう。
7. 誰かと一緒に泣こう。一人で泣くより楽になる。
8. 神様に怒っていい。彼なら受け入れてくれる。
9. 初めての給料から、老後の蓄えを始めよう。
10. チョコレートに関しては抵抗は無駄だ。
11. 「過去」と平和を維持していれば、「現在」をダメにすることはない。
12. 自分の子供に泣いているところを見られたってよい。
13. 他人の人生と比べるな。人がどんな軌跡をたどったのかなど、分かりはしないのだから。
14. もしその関係が人に言えないのなら、関わるべきではない。
15. すべてのことは一瞬のうちに変わるが、心配しなくてもよい。神は見ている。
16. 深呼吸をしよう。心が落ち着く。
17. 使えないもの、美しくないもの、楽しくないものは、何でも取り除こう。
18. もし死なずに助かったときは自分を強くする。
19. 子供時代のような幸せを持つのに遅すぎるということはない。ただし2度目は他人の力に依存してではなく自分次第である。
20. 自分の好きなことを追い求めるとき、自分の出した答えに拒否を示すな。
21. キャンドルを灯し、シーツを新しくし、素敵な下着をつける。特別な日のためにとっておくのではない。今日という日こそが特別なのだ。
22. 準備をぬかりなく、そして、なるように、ありのままに。
23. 今、変人になろう。歳を取るのを待ってから紫色の服を着なくてもよい。
24. 夜の秘め事をする上で、一番大事な機能は脳である。
25. 幸せになる上での責任は、自分自身以外にない。
26. どんな災いも、次のセリフで閉じ込めてしまえ。「5年経ったらこれはそれほど大事なことなのか?」
27. いつも「生せい」を選ぼう。
28. 何でも誰でも許そう。
29. 他人が自分を何と思おうと、知ったことではない。
30. 時間はどんなことさえも癒す。時間を与えよ。
31. どんな良いことも悪いことも、変わる。
32. 自分のことを、まじめに捉え過ぎる必要はない。他の誰も気にしてしない。
33. 奇跡を信じよう。
34. 神様は神様だから愛してくれる。何をしたか何をしなかったかではない。
35. 人生を計算するな。参加して今を楽しもう。
36. どんどん年齢を重ねることは、その反対よりずっといい。 若くして死ぬよりだ。
37. あなたの子供の子供時代は1度きりだ。
38. 最終的に真に大事なことは、愛したということ。
39. 毎日外に出よう。奇跡はあちこちで待っている。
40. もし皆がトラブルを山のように捨てたとして、他人のと見比べたら自分のは持ち帰ろうと思うものだ。
41. うらやましがることは時間の無駄である。もうすでに必要なものは持っているものだ。
42. 最高のときはこれから来る。
43. どんな気持ちになろうとも、起き上がって、着替えて、そして姿を見せよう。
44. 恵みなさい。
45. 人生はリボンで結ばれているわけではないが、それでもギフトである。

※このサイトによると、リジャイナ・ブレットさんは、実は53才のコラムニストらしいです。http://www.soyouvebeendumped.com/2009/06/advice-45-life-lessons-from-a-53-year-old-not-90/

この教えが誰が書いたのかはともかく、読んでみてぐっと心に響く教えです。
だからこそ、アメリカや日本のいろいろなサイトで、いろいろな方が紹介しているのだと思います。


工藤 英一

About 工藤 英一

Qualia-Partnersの代表の工藤です。ゼネコンの研究員から会社経営を経てコンサルタントになりました。自身の経験から、リピーターとの関係を深めお得意様を増やしていくことを強く勧めています。
This entry was posted in コラム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.