2900万ものfacebookページの「いいね!」があるレッドブルから学ぶ「いいね!」の増やし方

「 絶対に真似のできない凄い写真や動画」、反対に、「自分でもやってみたいなと思わせる写真や動画」、さらに、「応援したくなる成功ショートストリーの写真や動画」 これらが、RedBullのFacebookページの「いいね!」を集めるコンテンツです。

image

 

RedBullのFacebookページ https://www.facebook.com/redbull は、体をはった危険なスポーツのオンパレードです。 2900万ものいいね!があり、20万人以上が話題にしています。桁違いに大きなfacebookページです。

主に写真と動画で構成されており、レッドブルの宣伝は入っていません。

 

1.写真と動画のいいねやシェアを見ていくと

・動画より写真の方がいいねが多い。
・しかし、動画の方がいいねした人がシェアすることが多い。
であることが分かります。

また、
・普通の写真 いいね 10000~30000程度 シェアは、いいねの7%程度
・人気の写真 いいね 30000~40000 シェアはいいねの17~25%
・人気のない写真 いいねは 2000~7000程度シェアは7%程度

・普通の動画 いいね2000~7000 シェアはいいねの15%程度
・人気の動画 いいね7000~20000 シェアはいいねの50%にも及ぶ
ことが分かります。

写真の方がいいねが多いのは他のfacebookページと同じなのですが、と違うのは、動画のシェアする割合が高いことです。広める効果は、写真と同等です。

 

2.人気不人気、いいねとシェア

<写真>

■普通の写真

好感のもてる写真 サーフィンは一定の人気があります。

image

■人気の写真

めったに見られない写真 ほとんど宇宙(21818m)からのフリーフォール

image

「やめようよ、やばいよ!」と思うようなスリリングな写真
この滝にカヤックで突っ込んでいくそうです、、、ありえない

image

臨場感あふれる、日頃見れない視点からの写真
モトクロスバイクのジャンプで両手を離している様子をバイクからとった写真

image

 

■人気のない写真:普通の他でも見るようなスポーツ写真

普通に美人の娘が新記録を出したということです。凄いことですが、ワイルドなドキドキ感がありません。

image

 

<動画>

■普通の動画

モトクロスバイクで山の尾根を下っていく動画です。少し、ビビってしまいました。
この程度は普通みたいです。

image

 

■人気の動画

サーフィンの板の上からの視点の動画で、迫力があります。

image

 

すごいシーンの連続で乗りの良い音楽がかかっている 見るからに危険なもの。
これ、雪崩と並行して滑っているんです。まるで落ちているような。。。

image

 

12歳の少年がスケートボードで1080をマスターする練習風景は大人気です。
見ている人も、自分を思い出すのでしょうか?

image

 

真似したいダンスなどの動画は大人気があります。シェアがものすごく多くなっています。
ロボットダンス あまり高度でないような気がするのですが、、、ものすごく人気

image

 

マリオカートを実際に道路でやってみたそうです! アホですね。。。

image

 

■人気のない動画

ストリートダンスの様子ですが、わかる人にはわかるわからない人にはわからないといった感想がありました。

image

 

ドキュメンタリ風の動画。解説や感想が入っており、バックに落ち着いた音楽が流れています。
ドキュメンタリー風は、シェアされませんね。

image

 

3.いいねが多いのにシェアされない

<写真>

フォミュラーレースの写真はいいねは多いいが、全然シェアされていません。ある意味、見慣れた普通の風景かもしれませんね

image

 

水の上を走っているそうです、、、面白いけどスリル感はないですね。

image

 

<動画>

社会的に考えさせられるような、、、芸術性が感じられるような、、、動画
題名:old skool just became new school. 昔懐かしい子供の頃の思い出のような?
テーマが良くわかりません。

image

 

4人が空気が下から出てくるちゅうぶの中でうまく飛び回っているのですが、2分見ていると飽きます。やはり、緊迫感がないんです。

image

 

 

RedBullのfacebookページでも、動画よりも写真の方がいいねをもらいやすいことが分かります。
同時に、動画は見る人自体が、写真よりも少ないように思うのですが、いったん見た人はシェアをしてくれる割合が高いことが分かります。
しかし、シェアした先の人たちも、動画は写真よりも見ないとしたら、、、
効果には疑問が残ります。

やはり、苦労して動画を載せるよりも、いいねを多くもらえる写真を載せるほうが現実的です。

しかし、いいねを多くもらえてもシェアされにくい写真があります。
いい写真だけど、驚いたり、ドキドキしたり、懐かしかったり、頑張れと思ったり、といった気持ちを特には動かさないような写真です。

意外と、私たちもこのような写真ばかり載せてしまいがちになるので、気をつけなければいけません。

 

4.いいねが多くシェアされる写真や動画とは

・見ているだけでドキドキする そこまでやる、、、 ほんとにするの、、、 といった気持ちを掻き立てる写真
臨場感あふれる、日頃見れない視点からの写真
めったに見られない写真

動画では、
スリリングな動画
臨場感あふれる、日頃見れない視点からの写真
・子供が努力して成長していく様子の動画
・自分でもできるのではないか、真似したいと思う動画
です。

ロボットダンスの動画があれほどシェアされているとは、意外でした。
絶対に真似のできない凄い写真や動画もいいですが、「自分でも出来そう」というのも見ている人を惹きつけるのですね。

また、12歳の男のが技を成功させるまでのショートストリーは、見ている私たちもうれしくなってしまいました。
うれしくさせるというのもキーワードですね。


■ レッドブルノfacebookページでシェアされる人気コンテンツのキーワードスリリング 、 臨場感 、 日頃見れないような風景 、 子供や自分の成長

工藤 英一

About 工藤 英一

Qualia-Partnersの代表の工藤です。ゼネコンの研究員から会社経営を経てコンサルタントになりました。自身の経験から、リピーターとの関係を深めお得意様を増やしていくことを強く勧めています。
This entry was posted in SNS. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>