女性起業塾 WEB編:wordpressを中心にFacebook、twitter、最新サイトを使い倒す

PPC広告も良いですが、wordpressを使ってコツコツ記事を増やしていき、HPを上位表示させ集客した方が、HPが会社の資産になります。その上で、Facebook、twitter、street-academyのような最新サイトを使っていきます。女性起業塾では、開店前にWEBでテストマーケティングをすることを勧めています。

 

1.動画による広告はいまいち、、、

google検索の次に多いのが、youtubeでの検索です。ですから、youtubeへの広告掲載や動画UPが宣伝になると思われますが、検索しているのは高齢者と子供が中心です。そのため、ターゲットがママさんなどの場合には、使えません。

また、動画は、youtubeに載せてもよほど面白いか感動的でないと広がっていきません。現実的には難しいものです。
もし、動画を使いたい場合には、コマーシャライザー(2013年3月終了)という自動CM作成サービスが役立ちます。
これを使うと、写真4枚で、簡単にそれなりの動画が作れます。

 

2.HPの作成はwordpressで!

無料のブログやHP作成サービスのサイトが増えてきていますが、自社サイトなら独自ドメインで自分でwordpressを使って作成することをお勧めします。
一時期アメーバブログが人気となりましたが、利用ルールが変わるなどして突然変更があるので、利用者からすると安心して使うことはできません。
もし、wordpressで作るのが難しく感じるのであれば、ホムページビルダーの最新版を購入し、作成してみてください。
wordpressを使い、実物を見ながら簡単に作ることができます。
2年かけるならwordpressの自社サイトを開くのが一番確実です。

wordpress

 

3.スマホ対策は必須!!

HPへスマホから来る人は、全体の1/3以上になってきています。スマホ対策は欠かせません。
wordpressには、リスポンシブルデザインのテーマが多くあります。
このリスポンシブルデザインのテーマを使うと、自動的にスマホの利用者にはスマホ用にサイトを変形してくれます。
訪問者UPの強い味方です。

 

4.SEOはwordpressなら自然とできます

SEO対策としては、無料でSEOに強いページを作るプログラムが配布されています。
これを使うと、SEOの基本が簡単に押さえられます。

wp上位表示

 

5.SNS連携もwordpressなら簡単

FacebookやtwitterなどのSNSへも自動で連携してくれるプログラムが無料で配られています。
固定読者を増やすのに大変便利です。

 

6.新規顧客はTWITTERが得意

新規顧客の開拓はtwitterです。
Facebookでは開拓できないのが現実で、店頭でのFacebookへの誘導が必要になってきます。
twitterでの新規顧客の集め方のポイントは、自分の憧れの人です。
フォロワーを多くして、twitterからFacebookに誘導して囲い込みます。
注意) twitterで直接的に宣伝をするのは逆効果です。あくまでもFacebookやHPへ誘導して、そこでお知らせするような形で宣伝をします。

どうしてもFacebookで集めたければ、キャンペーンを使うことになります。
crocosというサービスが無料で懸賞プログラムを提供しています。

 

7.店舗集客は、これからはLINEでしょ!

LINEで月額5250円(今まで数百万円)でビジネスアカウントが使えるようになりました。
普通のお店でも使えます。
しかし、不特定多数に広告を打つことはできません。
自店のLINEサイトに登録している方にのみ特典などを提供できます。
そのため、店頭で登録者を集めることが必要です。

line

 

8.意外とpinterestは役に立ちます

pinterestは、自分の好きな画像をどんどん集めていくサービスです。
実は、このサービスの良いところは、自分のpinterestのページのランクが上がりやすいことです。
ここから、自社HPへリンクを張ることは、SEO的にプラスです。

現在、リンクはNO-FOLLOWになってしまいました。
メリットは、自分のpinterestサイトを見て、あなたに興味を持った方がHPを自分で訪問するです。
服や雑貨、家具やリフォーム、WEBデザインなどやデザイン系の仕事の方の場合には効果が期待できます。

好きな写真を集めることは楽しいもので、あまり負担になりません。
サイトを大きくしていったり、自分に興味を持ってくれそうな友人を増やすにはFacebookよりも良いかもしれません。
現在、日本人の利用者は少ないので、pinterest上で友人になると絆が強くなると思います。

pinterest

 

9.セミナーを開いてテストマーケティングをする

もし、お店を開く前に小さなセミナーを開こうと思ったら、streetacademyが便利です。
誰でも、セミナーを企画して、無料で告知することができます。

まず、そのセミナーに興味を持つ人がいるかがわかります。
次に、どのような方が集まってくるのかが分かります。Facebookに連携しているので、参加希望者のプロフが見れます。
さらに、セミナーで参加者に直接話すことで、どのようなパンを好むのか、どのようなニーズがあるのかを知ることができます。

とても重要なテストマーケティングになります。

streetacademy

 

10.資金を集めると宣伝にもなるしテストマーケティングにもなる

もし、自分の事業アイディアや新製品試したくなったら、キャンプファイヤーと言うサイトが便利です。
資金を集めるサイトなのですが、自分の考えていることや新商品に対してどれだけの人が賛同したり興味を持ってくれるかが分かります。

ここにプロジェクトを投稿してみるだけでも目立ちますので、自社の広告宣伝になります。

キャンプファイヤー

 

11.便利サイト一覧

tools

 

 

12.もしニーズ間違っていると思ったら調べる

もし、ニーズが合っていないと思ったら、ターゲット顧客の集まっているSNSで調べます。
例えば、女性に対する商売なら、「ウイメンズパーク」はとても参考になります。
女性の悩み、話題、気になっていることなどが分かり、深い情報が取れます。

twitterのつぶやきを検索したり検索量の傾向を見るのであれば、TOPSY が便利です。

ウイメンズパーク

 

 

 

 

 

■WEBも大切ですが、基本はリアルです

昔から、お客様の集まっているところにいって話を聞いてくるのがマーケティングの基本です。

例えば、犬のペットショップなら、犬好きの会や大会に行って、参加しながらいろいろな方と話したり、他の参加者のあ方が話しているのを聞きまくってきます。こそっと、本音を集めてくるわけです。

 

 


工藤 英一

About 工藤 英一

Qualia-Partnersの代表の工藤です。ゼネコンの研究員から会社経営を経てコンサルタントになりました。自身の経験から、リピーターとの関係を深めお得意様を増やしていくことを強く勧めています。
This entry was posted in 女性起業. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>