もっと若いお客様に来ていただく方法

 

商店街で長年婦人服を売ってきました。お客さまは50~70代の女性が多いのですが、お客さまの年齢を 下げる方法をお教えください。

売上を伸ばすために年齢層を下げたいことを検討されていますが、50~60歳のミセスをお客様としたところが売上を伸ばしています。既存のお客様が50~70歳ということですので、50~60歳を中心に売上を増やすことを考えてみてはどうでしょうか。

 

40歳~もターゲットとしては魅力的ですが、今までお付き合いのないお客様を取り込むことは非常に難しいことで、費用と手間がかかりすぎる可能性が高いと思います。

 

勧める手順としては、下記のような感じです。

①顧客リストから、50~60歳のお客様がいままでどのような服を買っていったかを拾い出してみます。
②自店のお得意様がなぜ何回も買いに来てくれるのか、自店の強みを聞き出します。
強みを活かしながら、品揃えを変えていき、50代のお得意様に勧めてみます。
④委託販売や出張販売など、売り方を工夫してみる。
⑤既存の50代のお客様に人気が出れば友人を連れて来るはずですので、友人を連れてくるまでニーズを聞きながらいろいろな服をいろいろな価格で提案していきます。

 

■50代の方のニーズとしては、

・あまりオバサンすぎない。派手でもなく若すぎでもない。
・高くて4,5千円程度。(粗悪品はだめだが、安ければ安いほどいい)
だと思います。

また、品揃えの基本的な考え方は、一年代若い人の服の中で着れるものを提案していくことだと思います。
・30代後半から40代向けのブランドの中で、シックで丈の長いものが参考になります。
・同様なテイストでブランド品よりも価格が半値以下のものを選びます。

 

 

■売れ筋はいろいろ調べられます。

①近隣の50代ミセスに人気のお店
②近隣のデパートのミセス売り場
③楽天市場での売れ筋と実際に買った50代の方のコメント
④yahoo知恵袋や教えてgoo(50代婦人服で検索するといろいろ出てきます)
⑤yomiuri online の発言小町(50代婦人服で検索するといろいろ出てきます)
⑥千趣会ベルメゾン、フェリシモなど
⑦問屋さんの意見

また、京王百貨店が50代~のお客様に人気があり良い品揃えをしています。
できれば東京の新宿店が一番参考になると思います。
問屋さんに、実際に出ている服を教えてもらうことも参考になります。
楽天では、買った方のコメントが見れますので、とても参考になります。

 

■売り方

買ったものを売るか、委託販売するか、こちらから売るに行くかの3通りがあります。

今までは仕入れたものを販売していたと思いますが、50代のお客様の古着の委託販売をすることも意味があると思います。手持ちの服をもちこんでいただくことで、50代のお客様の持っている服や売れ筋をつかむ参考になると思います。

※ また、生命保険会社など50代~の女性の働いている職場へ出張販売に出かけるのも売上を伸ばします。この場合には、絶対に買った服が同じにならないように、毎回あ必ず違う商品をもっていくことが必須となります。

 

なかなか品揃えだけでは売れる様にはなりません。お店の方とのつながりと品揃え(価格をを含む)が掛け算になって、売れるようになると思います。

今の強みと今のお客様から、50代のお客様により満足してより多く買っていただくようにするのが、成功のポイントだと思います。

 

 

 

 

,


工藤 英一

About 工藤 英一

Qualia-Partnersの代表の工藤です。ゼネコンの研究員から会社経営を経てコンサルタントになりました。自身の経験から、リピーターとの関係を深めお得意様を増やしていくことを強く勧めています。
This entry was posted in 問題解決, 悩み解決案. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>