毎週2000もFacebookページの「いいね!」を増やしている土屋鞄製造所に増やし方を学ぶ

「記事はページ自体のいいねとは関係ない?、話題にする人が多くなることとページ自体のいいねが増えることとは関係がない?」かもしれません。

1.土屋鞄製造所のfacebookページ

facebookページのファン数 は50,393人。そのうち男性が7割、女性 3割の男性主体のページです。店は8店舗あり、毎月のように雑誌に取り上げられ、映画やドラマで使われている有名ブランドです。きれいなメルマガも出しています。

top

facebookページの開設は2011年3月22日。
10000いいね達成が2011年11月30日、
20000いいね達成が2012年1月6日、
30000いいね達成が2012年2月20日、
40000いいね達成が2012年5月9日、
50000いいね達成が2012年6月26日。

最初は8か月かかっていますが、その後は、1~2か月で10000づつコンスタントに増やしています。何もしなくても週に1000近くいいねが増え、2012年6月に入り、2000いいね増えるように倍増しています。

113010000いいね

10620000いいね

22030000いいね

50940000いいね

62650000いいね

 

2.facebookページの特徴

1)非常にクオリティーの高い写真と、5種類の写真をうまく織り交ぜていることです。
また、動画はありません。

2)5種類の写真とは
商品紹介、ひとの紹介、遊び心、自然風景、使っている道具の紹介です。

■写真の支持されている順位をみていくと、
遊び心の写真は、いいねが多く、シェアも一番多くなっています。

遊び心
自然風景の写真は、いいねが最も多く、シェアの多くなっています。

自然系
ひとの紹介写真は、いいねは中程度で、シェアされる割合も中程度です。

ひと系
商品紹介の写真は、いいねは中程度ですが、シェア少なくなっています。

商品系2商品系
道具紹介の写真は、いいねは少なく、シェアされることもあまりありません。

道具系

 

■写真がシェアされる率は

自然風景の写真では、いいねの5%程度。
金環日食の写真: いいね7162 コメント310 シェア
東京タワーの写真 いいね4276 コメント91 シェア
紫陽花の写真 いいね3130 コメント43  シェア

ひとの紹介写真では、いいねの1%程度です。
絶対に負けられない戦いでは、いいね4272 コメント67 シェア
若手職人・成瀬が父の日に向けて作った特製鞄では、いいね3501 コメント85 シェア

商品の紹介写真では、いいねの0.5%しかありません。
スタッフも愛用中のプロ―タ防水ソフトポケットショルダー写真 いいね2596 コメント38 シェア

遊び心写真では、いいねの7%もあります。
若手職人がギフト用に手作りした、革製の時計写真 いいね2800 コメント69 シェア
「パティスリーツチヤ」皮のケーキの写真 いいね2138 コメント131 シェア

 

 

3.本当に良いと思ってくれているファンばかり

いいねやシェアされる割合の変動をみていくと、写真がシェアされる割合は1~3%で開設当初から変わっていません。
いいねが10000の時も50000の時も変わらず、低下しないのがすごいです。
普通は、いいね数が多くなるにつれて下がっていきます。
昔から1%

つまり、いいねをしているファンの質が高く保たれていることになります。
いいねしてくれた人は、お付き合いや懸賞目的ではなく、本当に土屋鞄が良いと思って押してくれているひとであるということです。

 

 

4.スマートフォン用サイトと店頭とコンテストで一気に増やしている

グラフ

1)グラフより急激にいいねが増えてきている場所があります。
いいねがそれまで1週間で1000程度増えていたのが、一気に1週間に2000以上増えるようになっています。
この原因は、スマホサイトを作ったこととコンテストをおこなったことだと思われます。
・5月28日スマートフォン用サイト開設
・6月8日~24日 FaceBook限定のコンテストを開催
・5月9日は40000いいね達成

2)スマホ×店頭×コンテスト
店頭では、数か月前からお店で購入したお客様に店頭で簡単なカップホルダー製作のキットをプレゼントしていました。
コンテストを開き、作成した皮のホルダーを、スマートフォンで写真をとり、facebookページからコンテストへ投稿するように誘導しています。このとき、投稿希望者は、いいねをすることになります。

※購入客をfacebookページで囲い込んでいるわけです。

 

 

5.写真に対するいいねやコメントが増えてもページ自体へのいいねは増えない

グラフ2

1)自然風景の写真でいいねもシェアも増え、話題にする人もふえています。
5月23日からの盛り上がりは、21日の金環日食の写真のせいと考えられます。
いいね7167、コメント310、シェア1015

521こんなにいいねされているのに

6月1日の盛り上がりは、29日の東京タワーのせいでしょう。
いいね4281、コメント91、シェア83

自然系が一番いいねとシェア5%で多い

しかし、ページのいいね数を見ると、特に増え方が強くはなってはいません。
相変わらず1日150程度の一定数しかいいねは増えていないのです。

2)一方、コンテストが始まってから、いいねが増え始めています。
店頭でキットを配り、キットで作ったもののコンテストをFB限定で行い、店頭から買ったお客様をFBへ誘導しています。
この方たちが、ページのいいねを押していると考えられます。

 

 

6.POINT

1)つまり、いいね、コメント、シェアが多くても、いいねは増えない。
記事はページ自体のいいねとは関係がない?、話題する人が多くなることとページ自体のいいねが増えることとは関係がない?

2)いいね、コメント、シェアがいいねを増やすのに効果がないとしたら
普通に、毎日140程度いいねが増えているのは、HPやメルマガからも誘導ということになります。

 

こうなると、
「懸賞などで力づくでいいねを増やし、良い写真で引き留めることを繰り返していくのが、いいねを増やしていく正解」となります。本当でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 


工藤 英一

About 工藤 英一

Qualia-Partnersの代表の工藤です。ゼネコンの研究員から会社経営を経てコンサルタントになりました。自身の経験から、リピーターとの関係を深めお得意様を増やしていくことを強く勧めています。
This entry was posted in SNS. Bookmark the permalink.

2 Responses to 毎週2000もFacebookページの「いいね!」を増やしている土屋鞄製造所に増やし方を学ぶ

  1. Pingback: facebookでいいね!が付きやすい投稿写真 | 田舎でネットライフ

  2. Pingback: facebookでいいね!が付きやすい投稿写真 | 田舎でネットライフ | 田舎でネットライフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>