丸亀製麺の渋いfacebookページの「いいね!」の増やし方

Facebookページで「いいね!」を集めるには、やはり、ハッとするきれいな写真が効果的です。感動するほど綺麗な写真は、放っておいても「いいね!」を集めシェアされていきます。

 
top

 

1.現状

1)丸亀製麺のfacebookページのいいね数は11000以上、1200が話題にしています。
また、ファンの約7割が男性です。

2)いいねの数の割に話題にしている人は10%程度と少なめです。
(※話題にしている人とは、過去一週間の間に、いいねやシェアやコメントをしてくれた人の数)

これは、1週間に10個程度の記事を投稿 1記事について100前後のいいねが付いていることから妥当な線といえます。たぶん、投稿記事数を増やすことやクエッションをすると、一気に話題にしている人の数が増えるでしょう。

3)投稿されている記事はというと、「個人的には良いとは思うけど、知人に話すほどではない。」といった感じです。
同じ丸亀ファン同士の仲間内で話すといった感が強いです。ですから、シェアはしません。
※丸亀ファン以外のひとにも、「ホ~いいね!」と言わせるコンテンツを流せれば、シェアは増やせるのだが、、、。

丸亀製麺普通絵

4)丸亀製麺は、コツコツといろいろなうどんの写真をページに出し続けていきています。
丸亀製麺の店舗数は587店もあります。この店舗数からいくと、11000いいねは少なく感じます。

5)OPEN当初、投稿記事は文字ばかりでした。
2か月後ぐらいから写真中心になり、途中動画も入ってきましたが、動画は最近投稿されなくなっています。

最初文字ばかり

6)最初はいいねも少なく、初めてシェアが付いたのは、開店してから半年後です。
最初にシェアしてくれた人は、300人近くも友達をもってるfacebookのパワーユーザーでした。
多分、インフルエンサー(最初に口コミしてくれる人)と思われます。

7)投稿記事は、主にうどんの写真ばかりで、1記事につき30~80程度のいいねがついています。
シェアは少なく、0~3程度、いいねの5%以下です。

丸亀製麺普通絵

 

 

2.facebookページの中でもシェアが多い写真

・とてもきれいなうどんの写真
丸亀製麺FBp一番のシェア多い写真

 

・TV出演の話題
丸亀製麺2番目シェア写真話題性

 

・タイ店の情報
丸亀製麺シェア多い絵タイ情報

 

・〇〇セットなどの新商品情報
丸亀製麺シェア多い絵フェアーお知らせ

 

・注文方法の解説写真

丸亀製麺シェア多い絵注文方法

 

3.いいね増やしに貢献していると思われること

1)イベントを月に1~3回開き,Ustreamで配信しています。
ivents

内容は、芸能人とのまったりとしたトークや食べ合わせ選手権などスローな感じです。
イベントに1200人招待して、参加は1割の120人程度です。
※いいね12000、話題にしているのは1割の1200人、イベント参加はその1割の120人→参加者はいいねの1%

Ustrem絵配信された動画は、下記で見ることができます。 http://twitcasting.tv/marugame_sm/show/

ustrem

 

 

2)2011年12月にタイfacebookページOPEN
6月現在、いいね! 1,774人 、 話題にしている人198人 、 チェックイン 102件です。
タイ店が5月にグランドオープンしています。
当初、タイのfacebookページの写真を、日本人がシェアするということが起きました。これを見て、丸亀本店が追って記事をシェアしていました。

※SUBのfacebookページが、メインのいいねを増やす方向に作用しているように見えます。

 

 

4.5月初めから6月中ごろまでのいいね増加時の投稿記事を見ていくと

丸亀製麺は、安定していいねを増やしています。キャンペーンなどで力技で増やすことはしていないようです。また、5月の初めから6月の初旬にかけ、話題にしている人を2倍にしています。

この間に、何が起こっていたのでしょうか?

丸亀グラフ

 

3日 ユニクロ丸亀Tシャツ販売開始
「おおー!今日から販売開始!だそうです。「うどん色」に縦ロゴのバックプリントですよ^^」

随時 タイの丸亀の情報を載せています。

10日 日替わりセットPR 以外とシェアが多いです。

14日 クエスチョン投稿
「日替わりメニューの週末もやった方が良いか?」

24日 2013年新卒採用記事投稿
「新卒採用もも盛り上がっています。そして、中途採用も引き続き募集中ですよ^^ご興味あるかた、ぜひぜひ♪」

28日 ニューヨーク研修中にユニクロのTシャツで街を練り歩く写真投稿
「NYメトロポリタン美術館前に、素敵なTシャツを着て闊歩する人が。。。USA研修中の幹部スタッフ達が、NYで広報活動をしてくれたようです^^やるなぁ♪」

29日 TV出演予告
「6月4日(月)19時~【お試しかっ!】 「帰れま10」にでます^^人気商品10位までを正解するまで帰れない!みなさんは10位まで、当てられますか^^???ぜひご覧になってくださいね。」

30日 ブログに商品が紹介された記事投稿 NAVER約3000人読者
「丸亀製麺公式ツイッター“面白うどんトリビア”まとめヽ(´ー`)ノ」

6月7日 イベント配信
「ロケタッチx丸亀製麺 食べ合わせ選手権がUstreamで配信される」

 

※ 次から次に、いろいろと話題を仕掛けたものです。

 

 

5.振り返って

・500以上の店舗数から考えると、1店舗当たり20人換算なのでいいね数は少ないように思えます。店頭で、いいねに誘導はできないのでしょうか?

新商品を出すことに関連してクエッションを使うことは、わたしたちでも真似できます。
1粒で2度おいしいといった感じでしょうか。

クエスチョンは、いいねをしていない人にも質問が届けられる点がすごいです。
問題点は、質問だけがいき、どのfacebookページからかわからないことです。
そのため、話題にしている人は増えますが、いいねは増えません。

Ustream配信は、わたしたちでも真似できます。
小さなイベントを開催しては、動画を流すのも検討すべきです。

動画は、手間の割には効果が出ていないようです。
正直、できのいい動画はありません。やはり、シェアしたくなるほどの動画を作るのは、難しいようです。RedBullのページを思い出すと、動画はマニアックなものを作ると、シェアが取れるかもしれません。

・やはり、ハッとするきれいな写真は、いいねとシェアを集めるものです。
ハッとするほどいい写真を撮ることは、とても重要なことであることが分かりました。

 

結論大手ならではの企画の連発で、頑張っていますが、
やはり、1年単位でみていくと、
「シェアしたくなるコンテンツ」の提供が、最も有効で効率が良いと思われます。※「きれい」は、シェアしたくなるコンテンツの一つのキーワードです。

工藤 英一

About 工藤 英一

Qualia-Partnersの代表の工藤です。ゼネコンの研究員から会社経営を経てコンサルタントになりました。自身の経験から、リピーターとの関係を深めお得意様を増やしていくことを強く勧めています。
This entry was posted in SNS. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>