お店のfacebookページの「いいね!」を力ずくで増やすちょっとやばい方法

 facebookページの「いいね!」を外国から集める、いいねを買ってしまうという、凄い、いいね増やしの手もあるんですね、、、。

 

1.5つのいいねを力ずくで増やす方法

1)苦労してアプリを作る

fb検定アプリ

〇〇検定というのがよくありますが、これは、難しく、費用も掛かるので、私ならできません。
せっかく作っても、人気が出なければ、、、費用も苦労も無駄になります。
2)チェックインクーポンを出してみる

これは普通です。
チェックインできるようにして、いいねを押したらクーポンが出るようにします。

チェックインクーポン

ITメディアより  http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/07/news098.html

※ ただ、FBに参加している人は、東京が25%なのにくらべ東京以外は2~3%しかいませんので、現時点でチェックインクーポンを設定しても、いいねが増えるのは東京のお店だけと思われます。

将来性は高いと思います。
3)やっぱり懸賞をしてみる

これは、結構いけます。
無料で懸賞が開けます。無料で懸賞を開けるサイトはこちらです。
また、プレゼントをアマゾンの商品券にしたり、自店の商品を送付するようにすれば、全国から応募者が集まってきます。

CROCOStop

 

しかし、懸賞を開いていることを多くの人に広く知らせることが必要です。
自店のHP、ブログ、懸賞サイト、FBページ、メルマガ、、、

corcosなどの懸賞サイト自体のお店の懸賞ページへの送客力は、1日20~30人程度しかありません。
そこで、自店のHPやブログなどで集める必要があります。
しかし、読者数が少ないと集まりません。

読者数が少ない場合には、懸賞自体を広告する必要があるかもしれません。

 

4)東南アジアや南アフリカに「いいね!してね広告」を出す

日本以外からのいいねでも良いというのであれば、自店のFBページの広告を他の国に出します。
たとえば、1クリック2~3円、1日の限度1000円程度にして、クリックしてもらいやすそうな国に広告を出すわけです。

FB広告

■A!@attripさんは、1クリック2円、1日の限度500円にしてクリックしてもらいやすそうな国に広告を出してみています。
http://attrip.jp/32954

これを見ると、
ターゲットに対するリーチ数は0.1%、約1/1000です。
リーチ数のうち広告を見た数は25%、約25/100です。
広告を見た人の内クリックしたのは0.4%、約4/1000です。

ということは、日本語の面白い広告がクリックされる割合は100万分の1ということになります。
(1/1000×25/100×4/1000=1/1000000)

すると、100いいね増やそうと思うなら、必要なターゲット数は1億人ということになります。
広告のターゲット設定で、合計人口が1億人程度になるように国を選んで行けばいいわけです。

では、1000いいねを集めるのには、、、10億人、、、
どうも現実的でありません。

※広告を英語で広告を出したら、格段にターゲット数が少なくなくてすむかもしれません。

どちらにしても、広告でいいねを1~2万集めることは難しそうです。
数千集めるのであれば、良い方法かもしれません。

 

5)思い切って買ってしまう

これは掟破りです。
スパム扱いされるのではないか心配もあり、お勧めできません。

BUY FB LIKES

「buy facebook likes」 などで検索すると、いろいろないいねの販売サイトが出てきます。
1万いいねが、50~100$程度で売っています。

安いのはいいのですが、お金を払ったら何も言ってこなくなるというところもあるようなので、リスクがあります。これらでは、twitterのフォローもRTも売っています。

なんでも買えるんですね。。。

 

2.ただ、これらの方法でいいねを増やした場合、確かにいいねは増えますが、裏がばれてしまいます

ちょっとfacebookページやインサイトを見ると
・いいね数に対して、やけに話題にしている人が少なかったり、
・インサイトには、話題にしている都市がくアランプールになっていたり、
・ビジネス用ページなのに中心年齢が13~17歳になっていたり、
・各月のアクティビティーに、その月の記事へのいいねやコメントを全部合わせても200しかいないのに新いいねが30000になっていたり、
などなど、おかしなことが見えてきます。

今までは、とにかく数を多くすれば皆が「すげ~」と言ってくれましたが、これからはそうもいかないようです。
アプリも、利用者が4割から2割以下に減ってきているので、もう効果が期待できません。

その中で、今でも効果が期待できるのは懸賞やプレゼントぐらいでしょうか。
商品券をプレゼントすれば、広く誰でも集められます。
しかし、自社商品に興味のない関係ない人も多くなってしまいます。
一方、自社商品がプレゼント商品なら、数はまあまあですが商品に興味があるひとを集められます。

ただ、送付できない商品の場合、、、どうしたらいいのか?課題が残ります。
ケーキ屋さんならクッキーをプレゼントにして送付しましょうか、、、?
結論としては、
・自社商品をプレゼントにして懸賞(キャンペーン)をおこなう(※都内のお店なら、チェックインクーポンを大々的に宣伝する)
です。

 

 

3.そこで、自社で懸賞をやってみました

せっかくfacebookページを作ったのに5しかいいねが付かず、独自ネームも取れなかったfacebookページです。
そこで、アマゾンのメール商品券1000円分5名様にプレゼントキャンペーンを、crocosを使って開いてみました。

結果はこちらです。

いいね654

話題にしている人グラフ

 

2週間で650以上も集まりびっくりしました。
いくらプレゼントがもらえるかもしれないとはいえ、なんの関係もないサイトにこんなに多くのひとがいいねしてくれるなんて驚きでした。懸賞終了後は、ぱったりですが、、、。

自社のHPでも、懸賞の宣伝をしました。集客は、懸賞サイトと自社サイトからだけです。

最初の10日間は、1日平均で50いいねが集まり、最後の2日間は懸賞サイトがtwitterで宣伝したこともあり1日70いいねが集まっています。最初の10日間は、懸賞サイトから30、HPから20程度、最後の2日間は、懸賞サイトが1日50程度に多くなったと思います。HPがなければ、500程度になっていたと思います。

5000円で500いいねなので、1いいね10円ということになります。
つまり、1万いいねを集めるには、20週間、5か月と10万円かかることになります。

これは、アクセス数の多いサイトを持っていれば、かなり良い方法です。

 

 

お店のfacebookページ戦略は、
1)自店の商品をプレゼントとした懸賞で力づくでいいねを集め、
2)いいコンテンツで集まった人を感動させながら自店のファンに育てていく、
というのが一つだと思います。課題は、
・懸賞をどうやって多くの人に知らせるのか?
・良いコンテンツとはどのようなもので、どう作っていけばいいのか?
です。特にコンテンツは重要になってきます。

結局、良いコンテンツが必要なわけです、、、。


工藤 英一

About 工藤 英一

Qualia-Partnersの代表の工藤です。ゼネコンの研究員から会社経営を経てコンサルタントになりました。自身の経験から、リピーターとの関係を深めお得意様を増やしていくことを強く勧めています。
This entry was posted in SNS. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>