新商品開発 第1章4)本当に良い新製品を開発できたと思ったらアメリカで売りましょう

日本人とアメリカ人では不安になりやすいのかそうでないかが遺伝子レベルで違っています。アメリカにはリスクを顧みずに面白いからと新商品を買ってしまうひとが、日本の20倍はいますですから、本当に性能の良い画期的な新製品を開発できたら、まずはアメリカで売りましょう。

 

4)本当に良い新製品を開発できたと思ったらアメリカで売りましょう

日本では、コンビニの新商品は2週間で入れ替わり、ドリンクだけでも年間1200近くの新商品が発売されは消えていっています。

世界で一番、新商品が最も多く生まれ最も多く消えていく国なのです。

 

■リスクばかりみる遺伝子と可能性を追う遺伝子

アメリカのクラウス-ピーター・レッシュ氏らが報告によると、遺伝子には、神経質な遺伝子S、おおらかな遺伝子Lがあるそうです。

これらの遺伝子の有無を日本人とアメリカ人で比べてみると、
・S遺伝子だけもつ非常に神経質なSSタイプは、日本 68.2% 、アメリカ 18.8%
・S遺伝子とL遺伝子をもつ普通のSLタイプは、日本 30.1%、アメリカ 48.9%
・非常におおらかなLLタイプは、日本 1.7%、アメリカ 32.3%
なのです。

実に日本人の98%が神経質なのです。

おおらかな人は立った1.7%しかいません。

一方アメリカ人は約33%、国民の1/3がとてもおおらかな性格なのです。

SL遺伝子

 

■変なモノが売れるアメリカ

日本人は神経質な上に、世界で最も完成度の高い商品、行き届いたサービスに囲まれて暮らしています。

ですから、新しいもの、ノンブランドなもの、未完成なものは、いくら面白そう・性能が良さそうでも、不安感が邪魔をして買えないのです。

反対にアメリカでは、ノンブランドなもの、未完成なものでも面白そうなら買わずにいられない人が20倍もいます。

例えばアメリカならこんな商品が売れています!
Get your baby to help with the housework! Hilarious mop babygro lets children clean the floor as they learn to crawl
あかちゃんの寝間着にモップの先をくっつけたもので、ハイハイすると床がきれいになって一石二鳥と宣伝しているのです。

なんと、こんなモノが、3200円ももするのに、ひと月100着以上も売れているんです。
日本では絶対に売れない商品です。

 赤ちゃんモップ

 

 

ですから、

本当に性能の良い画期的な新製品を開発できたら、まずはアメリカで売りましょう。
おおらかな遺伝子LLタイプの方が、きっと買ってくれます。

そうしてアメリカで実績を作ったら、日本でも売りましょう。
きっと安心してSLタイプの方が買ってくれるはずです。

 

 


■全国商工会議所用小冊子WEB版 「新商品新サービス開発&販路開拓」  目次
第1章 新商品開発の非常識
1)他人が欲しがるものが新商品
2)スティーブジョブスのすごい妄想力?
3)買って使って感動してまでが新商品開発です
4)本当に良い新製品を開発できたと思ったらアメリカで売りましょう
5)新商品のこえるべき3つの絶壁
6)いくら宣伝しても「売れない商品」は売れません
第2章 新商品の販路を切り拓く
1)9つの販路開拓成功物語
2)販路開拓の基本のキ
3)バイヤーに会う方法と小売店に直接売り込む方法
4)東急ハンズとロフトのバイヤーへの売り込み方
5)バイヤーは常にヒットの芽を探しています
6)ヒットするのはバイヤー目線よりお客様目線
第3章 新商品のコンセプトを作る10の方法
1)トレンドを無視してヒット商品はつくれない
2)新商品を開発するときの3つ基本戦略
3)不満・悩みから新商品を考える方法
4)ヒット商品から新商品を考える方法
5)他人のアイディアから新商品を考える方法
6)「変わった使い方をしている方」を見つけて新商品を考える方法
7)ヒットのパターン例から新商品を考える方法
8)オズボーンのチェックリストを使って新商品を考える方法
9)新サービスのコンセプトの作り方
10)キーワードから新サービスを考える
11)最も強力な新商品の開発方法 「すべて真似る」
第4章 すごい製品を開発する
1)新商品開発でどのコア技術を磨けば良いのでしょうか?
2)定食屋さんやケーキ屋さんの新商品開発のコツ
3)常連さんを増やすことをダイレクトに狙った新商品の開発方法
4)新サービス開発を成功させる要
5)ヒットメーカーはすごい技術を外から持ってくる
第5章 すごい製品をヒット商品に仕上げる
1)製品を売れる商品に作り込んでいく
2)90点になるまで絶対にあきらめない
3)新商品のネーミングと隠喩
4)短時間で簡単に誰でも良いデザインを作る方法
5)新商品に高い信頼性をつける
6)正しいお客様をとことん楽しませ話題を作ります

 


工藤 英一

About 工藤 英一

Qualia-Partnersの代表の工藤です。ゼネコンの研究員から会社経営を経てコンサルタントになりました。自身の経験から、リピーターとの関係を深めお得意様を増やしていくことを強く勧めています。
This entry was posted in 新商品開発. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>